文章!ターゲットに呼びかける手法

イメージアップのための広告コピーの場合は別ですが、商品を売るための商品コピーの場合は、見込み客であるターゲットに自分のことだ!といった感じで汲み取ってもらうことができると非常に反応率が良いとされています。そしてそれがまず広告に目を傾けてもらう第一歩にもなるのです。毎日大量に送られてくるチラシやメール。その中で読んでもらうため、見てもらうためには見込み客を過程して心に突き刺さるキャッチコピーが絶対に重要になってくるわけです。そのためにはいくつかのルールがあります。その中でもターゲッティングをして呼びかけるような手法はとてもパイを小さいですが効果的な方法として広く広告のキャッチコピーに使われています。

当たり前のことなのですがこちらからしっかりと呼びかけてあげないと見込み客はまったく気づいてやくれません。この呼びかけるキャッチコピーは重要なので覚えておくようにしましょうね。いくつかのパターンがあるので簡単に紹介させていただきます。

まずはエリアで絞ったりするのは効果的です。地名をキャッチコピーに入れたりする方法ですね。次に年齢や性別です。そして家族構成に訴えかけるのも良いとされていますね。男性やビジネス意識の高い女性には職業や年収などで呼びかけると反応が良いです。ニーズに合わせた呼びかけを行うなら悩みを書いたり、願望をキャッチコピーに入れると良いとされています。コツはストレートに呼びかけること。呼びかけは直球勝負が一番良いとされています。ぜひ自分のメディア媒体で試してみてください。
[PR]
by yubisakiri | 2013-08-23 09:58
<< 二重あごの予防には筋力トレーニ... 保湿の正しい意味とは? >>